Menu

相席居酒屋で二軒目に持ち込むためのテクニック

0 Comments

女の子に食事を奢る代わりに一緒にお酒や食事を付き合ってもらえる相席居酒屋が増えてます。
だけど相席居酒屋を利用している女性のほとんどは、奢ってもらう目的で来ているので、恋愛に発展するはずが無いと思ってないですか。
だけど次に紹介するいくつかのテクニックを駆使すれば、相席居酒屋で知り合った女性を二軒目の別の店に持ち帰りする事も可能です。
私が編み出した二軒目に気になる女性を持ち込むおすすめのテクニックをいくつか紹介します。
まず第一に、相席居酒屋自体の座席の配置を分析して、女の子が帰り難い座席配置になるような店を選ぶのが理想です。
イメージとしては、女性を奥側に座らせて、男性は手前の通路側に座って女性が帰るためには男性にどいてもらわないといけないお店が理想です。
何故かと言うと、少なからずも女性は男性に奢ってもらっているので、男性に対して負い目を感じているので、男性が気に入らなくても食事の最後まで付き合ってくれるからです。
それと、利用する店が決まったら、その店のオーダーできるほとんどの料理やお酒のメニューを覚えておきましょう。
何故かと言うと、女性が料理で迷っている時に、さり気なくおすすめの料理やお酒を教えれば、高感度を上げる事が出来るからです。
あと二軒目に誘い出す事が目的なので、その店の周辺の二軒目に連れて行く店をチェックしておく必要があります。
色々な趣味や好みの女性がいるので、居酒屋や料理屋やレストランなどの飲食店だけでなく、カラオケ、ダーツバー、ゲームセンターなど調べ尽くしましょう。
私の場合は、ボーリングの話で盛り上がって、ボーリングのできる娯楽施設に誘ってデートの持ち込みに成功しました。
あと根本的な事ですが初対面の女性なので、第一印象の服装が大切です。
何故かというと第一印象でマイナス印象を与えてしまったら、後で女性の好感度を上げるのは非常に難しいからです。
別にファッション誌のモデルが着るようなファッションではなく、最低限度の清潔感がある服を着ればいいです。
以上の前準備をした後に、いざ女の子と食事する時のテクニックを紹介します。
基本的にオーダーは女性に全部任せて下さい。
何故なら、女性は食べたい物や飲みたい物があるから来ているので、オーダーにちょっかいを出されると不快になるからです。
好感度を上げるために、「好きな物をどんどん頼んで」などオーダーしやすい雰囲気を高めると好感度が上がります。
好スタートをきれたら、次は会話ですが、聞き上手に徹して自分の話をせずに女性の話や愚痴などを聞いてあげましょう。
何故なら自分の話を聞いてもらいたい女性が多くて、話していると気分が良くなって、聞いてくれた相手に気を許していくからです。
好感度が上がりきった時に、「もう少し、もっと静かな別の店で話したいな。
」などさり気なく自然に誘えば、かなりの確率で二軒目に誘えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です