Menu

「自然に出会いたい」という人は努力が足りてない

0 Comments

恋愛を題材とした映画やテレビドラマ、マンガといった創作物の中では、主人公が恋人となる異性と運命的に出会ったり、偶然知り合った相手とだんだん心の距離を縮めて行ったりと、言ってみれば自然な出会いから発展する恋愛が描かれる場合が少なくありません。
なので、自分も恋人となる相手と自然に出会いたいという人も世の中には結構いるでしょうが、そういった人たちが希望を叶えられる可能性は、そう高くないと言っていいでしょう。
なぜなら現実は創作物とは違ってシビアなものですし、また物語の主人公ではない、つまり他人と大きく異なる特別な立場にいるわけではない一般の人には、運命の女神が微笑みかけてくれるようなことはまずないと言えるからです。
自然に出会いたいという難しいことを期待しながら、それが上手くいかないのを恋愛運が悪いからだと考えたり、そのうち自分に合った人とどこかで出会えるだろうなどと甘く考えている人は、恋人ができないままどんどん年を取ってしまい、焦りを感じてしまった時にはもう遅かった、などということになってしまう恐れすらあります。
素敵な恋愛がしたいと思う気持ちがあるのに、自然になどという甘いことを言っているようでは、努力が足りていないと言わざるを得ません。
出会いを求めるために努力が必要だと言える理由の一つは、世の中には自分以外の同性がたくさんいて、その人たちもまた恋愛対象となる異性を求めているということです。
また異性の中にはすでに恋人がいたり、そもそも恋愛をする気がないという人もいるでしょう。
つまり、ある程度限られた異性の中から恋愛対象を探すために、多くの同性が自分と違って色々と努力をしているのであれば、その人たちの方が先に恋人とを作ってしまって、自分が恋人にできる可能性のある異性の枠がさらに減ってしまうということなのです。
また、自然に出会うということは、一般的にそう広くないであろう自分の行動範囲の中での異性との接触がきっかけだということになりますが、そのように狭い範囲の中に、積極性のない人の恋人になってくれそうな異性がどれくらいいるかは疑問です。
やはり職場や近所などの普段の行動範囲から離れて、合コンなどの恋愛対象を見つけるための場に積極的に出て行く人の方が、恋愛ができる可能性が自然と高くなるのは当然だと言えます。
確かに、本当に自然に恋人となる異性と出会うことができれば、それは素晴らしいことだとは言えるのですが、その理想にこだわりすぎていると、合ったかも知れない出会いのチャンスを取り逃してしまうかも知れないのです。