Menu

声はかけられたいけど安売りはしない。
ナンパ待ちの極意

0 Comments

男性に声をかけられたいけどすぐに男性の誘いに乗って、安い尻軽女には見られたくないですよね。
そんな女性のためのナンパ待ちの極意を紹介します。
その極意は、男性に声をかけられやすいように導く事です。
ここで重要な事は、女性は美人であったり、かわいい必要は全くないです。
何故なら、いくら美人で可愛くて外見が魅力的でも、男性をシャットアウトするオーラを出していれば、相当神経が図太い男性じゃない限り声をかけにくいからです。
男性が話しかけやすい雰囲気を作る方法は、一言で言えば、暇で時間的に余裕があるように見せる事が肝心です。
何故かと言うと例えば、仕事やスマホや読書などに没頭していたり、約束があって足早に歩いている女性にいくら声をかけても、男性は断られる事を知っているからです。
そう言う理由からまず、男性から声をかけられたいなら、仕事やスマホや読書をしてないで、いかにも暇で男性に声をかけて欲しいというゆったりとした雰囲気を出している事が大切です。
次に、男性に目線を送るアイコンタクトというテクニックがあります。
待っていても時間をかければ、男性から声をかけられる事もありますが、周囲を観察して好みの男性がいたら、女性の方から男性に対して、目線を送ってニッコリ笑顔で微笑んだり、ウインクしたりして気がある事を伝える事ができます。
このニッコリ笑顔での微笑みやウインクを見た男性は、好意を持っていて脈があると感じるので、好みだと感じたら声をかけてきます。
だけど、この目線を送って男性にニッコリ笑顔で微笑んだり、ウインクするテクニックを周囲の男性全員に送りまくると逆に尻軽で男性の誘いに簡単に乗る女に見られるのでやりすぎに注意する必要があります。
後は男性にナンパされやすい場所や時間や曜日を選んで行く事も重要です。
これは一番初めに書いた、男性に声をかけやすいように導く極意でも書きましたが、例えば平日の日中のビジネス街で忙しく働いているOLさんに声をかける男性はほとんどいません。
でも、仕事帰りのビジネス街なら、仕事が終わって暇な時間になるので、日中よりはグッと男性が声を掛けやすくなります。
それが金曜日の夜なら、女性はさらに解放感が増す事を男性は知っているので声をかけやすくなります。
また、クラブやディスコなど男女の出会いを求めるお店や施設ならさらに男性から声を掛けられやすくなります。
私も金曜日の会社帰りに、クラブに行ってイケメンの男性にナンパされて、その男性が今の彼氏です。